バイヤグラはED治療に効果がありますか?

バイヤグラとは
バイヤグラは1998年にアメリカで販売し始めるED治療薬です。また、初めて広い範囲で発売されましたが、バイヤグラも世界で第一位のED治療薬とされています。1999年に勃起不全の医療用治療薬として初めて正式に日本での認可された、同年3月23日よりファイザー株式会社より医療機関向けに販売が開始されました。バイヤグラの発売はED治療薬の市場で大ヒットを引き起こしました。今まで多くの人に愛用されています。

バイヤグラの有効成分
バイヤグラはシルデナフィルという有効成分を配合しています。最初、シルデナフィルは狭心症の治療薬として研究・開発が始まり、第1相臨床試験において、狭心症への効果は僅かでありますが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、それで、ED治療薬の有効成分として開発されました。

バイヤグラの効果
バイヤグラに含まれているシルデナフィルという成分は勃起を阻害するPDE-5の働きを抑制する効果があります。それによって環状グアノシン一リン酸が本来の働きを取り戻します。海綿体への血流を増加させたり、正常な勃起を促進したりすることができます。それで、バイヤグラは勃起不全、勃起力の増強に優れた効果があります。

バイヤグラを服用する後、30分くらいで効果が現れてくることができます。効果時間というと、一般的に4時間~5時間程度で持続することができます。また、個人差がありますから、服用後、効果がなかなか現れてこないこともありますから、注意してください。