バイヤグラの服用方法と副作用について

バイヤグラとは
バイヤグラはファイザー社によって発売された最初のED治療薬です。バイヤグラの有効成分シルデナフィルは元々狭心症の治療薬として開発されていましたが、その開発の途中で、シルデナフィルの勃起不全に対する治療効果が発見されたことでED治療薬バイヤグラの有効成分になります。シルデナフィルは陰茎の勃起を妨げるPDE-5という酵素の働きを阻害することができ、ペニスあたりの血管を拡張させ、血流量を増やすことで勃起促進、勃起力の増強、勃起持続に優れた効果があります。

バイヤグラの服用方法
バイヤグラの服用方法なら、1日1錠を性行為の1時間前に水、またぬるま湯で服用します。服用後、効果は4~6時間に持続していることができます。成分が完全に吸収されてないことで引き起こされる不快感を避けるために、次の服用まで24時間以上を空けてください。また、バイヤグラに含まれている主成分シルデナフィルは食事に影響されやすいですから、最大限の効果を得るために、空腹時に服用したほうがいいと認められています。

バイヤグラの副作用
バイヤグラの副作用として、バイヤグラは血管を拡張させる作用により顔のほてり、目の充血という副作用が目立ち、他には、頭痛、鼻づまり、めまい、血圧の変動、動悸、頻脈、視覚異常などの症状も報告されています。一般的にバイヤグラの効果が発揮されてくるに伴って、これらの症状がだんだん改善されることができますが、もし重篤な副作用が出る場合、早めにお医者さんと相談してください。